【My Guitar Heroes No.6】Angus Young / アンガス・ヤング

Sponsoring
Sponsoring
Sponsoring

Angus YoungのBackground

Birthday

1955年3月31日(66歳)

Birthplace

スコットランド グラスゴー生まれ
オーストラリア シドニー育ち

Memo

【Guitar】ギブソン SG

【身長】157.5cm

Career

  • 1973年(18歳):兄マルコムとAC / DCを結成
  • 1975年(20歳):デビューアルバム「High Voltage」をリリース
  • 1979年(24歳):アルバム「Highway to Hell」がベストセラーに。USビルボード最高17位獲得
  • 1980年(25歳):アルバム「Back in Black」をリリース。後に全世界で推定5,000万枚を売り上げる(歴代アルバム販売数はスリラーに次ぐ2位)
  • 1990年(35歳):アルバム「Razors Edge」リリース。一度は低迷した人気を取り戻し、バンドを不動の地位へと押し上げる
  • 2003年(48歳):AC/DCとしてロックンロールの殿堂入り

Angus Youngで3曲選ぶなら…

Back In Black

AC/DC – Back In Black (Official Video)

It’s a Long Way to the Top

IT'S A LONG WAY TO THE TOP (IF YOU WANNA ROCK 'N' ROLL) – AC DC

You Shock Me All Night Long

AC/DC – You Shook Me All Night Long (Live At River Plate, December 2009)

Angus Youngの思い出

AC/DCとアンガスとの出会い。高校1年のころ、Guns ‘n RosesのSweet Child o’ Mineを弾くために買ったスコアの1っ曲目が「Back in Black」だった。

→みんな好きな曲が弾けるようになりたい
→オムニバススコアはその要望に応えて選曲されている
→オムニバススコアは名曲ぞろい

この方程式に確信を持った僕は、さっそくにAC/DCを探しにBook Offへ向かった。しかし「A」の欄にAC/DCの札はなく、「Aその他」の棚にもAC/DCはなかった。仕方ないのでその時は代わりにMr.BigのHey Man!(100円)を買って帰った。Book Offに立ち寄るたびに、僕は「A」の棚にAC/DCを探した。まだ知らぬ名曲であろう「Back in Black」とやらを探して。3ヶ月ほど経ったある日、ついに僕は「Back in Black」(250円)を手に入れた。待ちに待ったBack in Black、いったいどんな名曲なのか。ハードルは上がりまくってる。この年になると経験上、上がりまくったハードルを越えるものって、音楽でも映画でも道でも温泉でも、無くなってくる。でも当時のBack in Blackは、そのハードルを余裕で越えてきた。アンガスとAC/DCの美学「Simple is best」。ロックのリフはシンプルで分りやすいほどいい。コードは3つで充分。Back in Blackはまさにその美学を具現化した曲だった。シンプルなのに心にザクザク突き刺さる、アンガスのSGが奏でるソリッドな音色。

「これがAC/DCのロックンロールか!!」

はじめてAC/DCを聞いた僕はぶっ飛んだ。ブライアンのヴォーカルも最高にクールだった。その後、Back in Blackがマイケル・ジャクソンのスリラーに次ぐ歴代売上2位のモンスターアルバムであることを知った。

その上Youtubeでアンガスのステージを見たら、僕はもうアンガスの虜になった。トレードマークのブレザーと半ズボン姿で狂ったようにSGをかき鳴らし、ダックウォークで観衆を煽り、ステージ中を走り回るアンガスは、ギターヒーローというより、永遠のGuitar Kids、ギター小僧という感じだった。ステージに転がりながら走り回るようにギターを弾く姿も有名であるが、これはアンガスの兄でありマネージャーの が「ステージでコードにつまずいて転んでも、それが演奏の一部のようにふるうこと」という助言によるという。

「Shot the Thrill」「You Shock Me All Night Long」も好きだけど、25歳を過ぎてからは「Hells Bells」のリフが特にお気に入り。初めてHells Bellsを聞いたときは「ふーん」くらいなもんだったけど(馬鹿野郎)、ヘヴィメタルをちゃんと聞くようになってから、Hells Bellsのリフがいかにヘヴィかを思い知った。僕にとってのヘヴィリフベスト10には入るだろう(1位はSabbathのN.I.B? DeepのSmoke on the Waterも捨てがたい…)。気が向いたらどこかでまとめたい。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました