テイラー・スイフト「Love Story (Taylor’s Version)」は原曲と何が違うのか?

Sponsoring
Sponsoring
Sponsoring

「Love Story (Taylor’s Version)」は原曲と何が違うのか?

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)が再録音プロジェクトとして2月12日にリリースした「Love Story(ラブ・ストーリー)」の新バージョンは、2008年のオリジナルとの明らかな違いを示していない。2つの曲は、オープニングのバンジョーの弾き方からブリッジの前の小気味良いヴァイオリンまで、3:55の長さとほぼ同じアレンジである。 彼女は歌詞の言葉も変えていない。では、過去にリリースしたオリジナルの「Love Story(ラブ・ストーリー)」と、先日リリースされた「Love Story (Taylor’s Version)(ラブ・ストーリー テイラーズ・バージョン)」はどのように違うのか?

オリジナル「Love Story (ラブ・ストーリー)」の『エネルギー』

Taylor Swift – Love Story

まずはオープニングライン「あなたと初めて会った時、私達はまだ若かった。まぶたを閉じるとフラッシュバックする」 Swift(スウィフト)が自身の過去のヒット曲の特徴をより良い形で再表現することに留まらず、もっと面白い何かを予感させる。 彼女が2000年代半ばにその歌詞を書いたとき、彼女はまだ10代。当時彼女が未来の視点を持って描いたロマンチックな物語に、現在の彼女が深みを与えたのだ。「Love Story(ラブ・ストーリー)」は、(高校の英語の授業で触れたシェイクスピアの演劇のように)片思いのときめきや、その感情がもたらす生死について描かれている。 オリジナル曲では、純粋で若々しい憧れに満ちたボーカルパフォーマンスでそれを伝えている。 彼女は若く、夢と希望に満ちている。そしてリスナーは曲の後半に差し掛かるほど、そんな彼女のエネルギーを体感することができる。

オリジナルの「Love Story(ラブ・ストーリー)」はSwift(スウィフト)の最初のスマッシュヒットとなり、20歳の誕生日を迎える前に彼女を最最高峰のスターダムへと駆り立てた。 現在彼女は31歳で、10年以上にわたって世代を代表するポップソングライターの1人である。 彼女のボーカルテクニックは成熟し、感情の微妙な色合いを歌で表現できるようになった。テイラーズ・バージョンの「Love Story(ラブ・ストーリー)」を繰り返し聴くことではっきりと確認することができる。 ここでは、「セブン」や「ベティ」のような聴かせるバラードのように、柔らかくドライなショーストッパー(拍手で演出が中止になるほどの名演)を感じさせる。 切ない優しさを感じながら過去の自分を振り返る、そんな曲に仕上がっている。

「Love Story (Taylor’s Version)」で見られる彼女の進化

Taylor Swift – Love Story (Taylor’s Version) [Official Lyric Video]

彼女がその冒頭の詩で語る過去形のシーンは、昔のほろ苦い思い出を呼び戻し、「私には知る由もなかった…」と思うのがどのようなものか? というヒントを聞くことができる。彼女は「この愛は難しいけど、真実の愛なの」と彼女自身が書いた歌詞が何を意味するかについて、この10年でより生きた経験をした。 この「Love Story(ラブ・ストーリー)」は、2008年のように明るく輝く彼女の投影ではなく、頭の中のラブ・ストーリーが実際のラブ・ストーリーとどのように異なるか? を学んだ彼女によって歌われる、豊かで複雑な感情的味わいに満ちている。

まとめ

曲名に敢えて「Taylor’s Version(テイラーズ・ヴァージョン)」と付けたのは、彼女のマスターレコーディングを彼女の意志に反して売却したかつてのマネジメントに対する彼女の意思表示でもある。

大人の女性として真に「独り立ち」した彼女の経験、歌声、テクニックと覚悟こそが、オリジナルと再録版の決定的違いなのだ。

関連記事「【歌詞和訳】Taylor Swift / Love Story | テイラー・スウィフト / ラブ・ストーリー

+2
ブログランキング参加中

HR/HM好きのためのブログが見つかる⇒にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
ブログランキングでお気に入りのHR/HMブログを見つけよう⇒

News
Sponsoring
A/Mをフォローする
ロックンロールの神々に捧げる歌詞和訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました