「Spain(スペイン)」で知られるChick Corea(チック・コリア)が、死去の前にファンに語った言葉とは?

Sponsoring
Sponsoring

音楽界で最も尊敬されているプレーヤーの1人であり、伝説的ジャズ・フュージョン・キーボード奏者/作曲家のChick Corea(チック・コリア)が2月9日、がんにより79歳で死去、その生涯に幕を閉じた。

Sponsoring

代表曲「Spain(スペイン)」で知られるキーボード奏者、Chick Corea(チック・コリア)

代表曲は彼のバンド「Return to Forever(リターン・トゥ・フォーエバー)」の『Spain(スペイン)』

Spain

Corea(コリア)は最近見つかったがんによる闘病の末亡くなった。Facebookのオフィシャルアカウントを通じて長いメッセージを発信した。その中で、彼は自身の死を予期してファンや仲間にメッセージを残し、携わった音楽への愛と情熱についても語っている。以下その引用である。

Chick Corea(チック・コリア)が、死去の前にファンに語った言葉とは?

「2月9日、がんによりチック・コリアが永眠したこと発表するのは非常に悲しいことです。
彼はその生涯とキャリアを通じて、新しい音楽を想像し、アーティストとしてのゲームをプレイする自由と楽しさを満喫してきました。
彼は愛する夫であり、父であり、祖父であり、また多くの人々にとって素晴らしい指導者であり、友人でした。一連の仕事と、世界中をツアーした数十年を通して、彼は何百万もの人々の生活に触れ、刺激を与えました。
彼は、彼が愛したすべての人々と彼を愛したすべての人々にこのメッセージを贈りました。

『長い旅路の途中で出会った、音楽の火を明るく灯し続けるすべての人々に感謝したいと思います。演奏したり、書いたり、楽しんだりするための情熱を持っている人々が、これからも音楽を楽しんでくれることを願っています。あなた自身のためにも、残された私たちの仲間のためにも。世界はもっと多くのアーティストを必要としていて、それはとても素晴らしいことでもあります。
そして、私にとって家族のような素晴らしいミュージシャンの友人たちにとって、ファンから学び、プレイすることは喜びであり名誉でした。私の使命は常に、できる限り創造する喜びを伝えることであり、私が尊敬するすべてのアーティストと一緒に音楽をプレイすることでした。これが私の人生の豊かさでした。』

この言葉は、Coreaの家族はもちろん、この困難な喪失の時期にファンの心を暖めることでしょう。

Chick Corea(チック・コリア)が音楽界へ与えた影響

Coreaは、ジャズ・ミュージシャンのレジェンド、Miles Davis(マイルス・デイビス)のサイドマンとして名声を得ると、70年代にフュージョン・バンド「Return to Forever(リターン・トゥ・フォーエバー)」を結成。さまざまなプロジェクトを通じて、Coreaは22回のグラミー賞を獲得(ノミネート数は全63回)。2006年に国立芸術基金のジャズ・マスターに選ばれた。

彼の影響力はジャズ・フュージョンのジャンルを超えて広がり、ロック・メタルの世界でも多くのファンがこの素晴らしい才能の喪失を悼んでいる。

Stevie Wonder – Spain – Live, London 2008

0
ブログランキング参加中

HR/HM好きのためのブログが見つかる⇒にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
ブログランキングでお気に入りのHR/HMブログを見つけよう⇒

News
Sponsoring
A/Mをフォローする
ロックンロールの神々に捧げる歌詞和訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました